クラブ紹介CLUB

会長挨拶

クラブ会長 山本広之

国際ロータリー第2690地区
2023-24年度

クラブ会長 山本広之

「63年の歴史を受け継ぎ楽しい活動を」
2023-24年度国際ロータリー会長に就任されたゴードンR.マッキナリー氏(スコットランド)からのテーマは「世界に希望を生み出そう」です。新型コロナウイルス流行で多くの人が傷つき社会的つながりが断たれました。またロシアのウクライナ侵攻に代表される壊滅的な紛争もあります。そんな世界が立ち直れるよう希望を取り戻すべきであり、ロータリーが世界に変化をもたらす方法と話されました。
また別のキーワードとして「継続と変化」が重要と言われております。継続とは、以前のリーダーたちのよいアイデイアを前進させることを意味します。例としては女児のエンパワメントでありDEIの促進、ロータリーアクトクラブと協力し支え合う方法の模索であり「ポリオのない世界」であります。
また新型コロナウイルスの流行によって深刻化しているメンタルヘルスの問題の影響を受けている人たちに、ロータリー会員が希望を与えるべきだと述べました。
私達が得意とすることを継続すると同時に変化に対してオープンで前向きになり世界と自分自信の中に平和を築くことに力を注げばロータリーはより平和でより希望のある世界を築く手助けができると話を結んでおられます。
そして国際ロータリー第2690地区石倉貞昭地区ガバナーより示されたスローガンは「希望の種を播きましょう。育てましょう」です。そしてクラブ運営で常に心がけていただきたい事として「クラブ例会の再認識」「公共イメージの向上」「新会員の研修」の三点を挙げられました。
我が松江南ロータリークラブも63年の歴史のなか3年余のコロナ禍にあって継続すべき事柄、当クラブらしさが希薄になった部分もあるかもしれません。まさに継続を意識し例会及び様々な活動を再認識し楽しく交流の深まる年度としたいと思います。

2023-24年度
クラブ会長方針:重点項目

  1. 会員純増最低1名 
    会員の退会防止 
    女性会員の増強
  2. ポリオ根絶への協力 
    30米ドル/人
  3. ポリオデーの開催
  4. ロータリー財団への支援 
    150米ドル/人
  5. 米山奨学会への支援 
    普通寄付5,000円/人 
    特別寄付10,000円/人
  6. 出席率の向上

役員紹介

  • 会長・理事 山本広之
  • 次期会長 山口章
  • 副会長・理事クラブ奉仕 藤原俊樹
  • 幹事 物部伸吾
  • 理事職業奉仕 足達明彦
  • 会計 坂本拓三
  • 理事社会奉仕 和久本光
  • S.A.A 内部高志
  • 理事国際奉仕 景山英俊
  • 副幹事 野島和朋
  • 理事直前会長 山本広之
  • 副S.A.A 荒木彰浩
  • 理事直前幹事 松崎貴行
  •  

クラブ概要

名称、所在地及び会場

名称
松江南ロータリークラブ
事務所
〒690-0003
松江市朝日町477-17 松江SUNビル4階
TEL.(0852)23-3845
E-mail:matsu-su@sepia.ocn.ne.jp
例 会 場
〒690-0003
松江市朝日町590 松江エクセルホテル東急2階
TEL.(0852)27-0109(代)
例会日時
毎週月曜日 12:45~13:30 (12:10~開会点鐘まで食事時間)

沿 革

◯スポンサークラブ
松江ロータリークラブ
◯仮クラブとしての発足日
1960年10月24日
◯RI本部より認定日
1961年3月25日
◯チャーターナイト
1961年10月31日
◯創立当時の地区ガバナー
空地純一氏(姫路RC)
◯特別代表
山本好吉氏(松江RC)
◯会員数
チャーターメンバー 33名
現会員 65名(2023年7月1日現在)

◯当クラブがスポンサーになっているクラブ

クラブ名
松江東RC
創立年月日
1987年4月7日
RI承認
1987年5月1
特別代表
橋田 勤

◯姉妹縁組RC

第3710地区 韓国西光州RC
1979年2月22日 調印

◯交友クラブ

第2620地区 甲府北RC
1988年1月10日 姉妹クラブ締結
1990年11月14日 締結更新

◯事務局移転記録

1960年1月~
元松江商工会議所
1965年1月~
元水産会館
1969年12月~
山陰合同銀行松江駅前支店2階
1988年6月~
三洋苑1ビル4階 松江東RCと同居
1995年7月~
三洋苑1ビル2階 松江東RC、松江しんじ湖RCと同居
1999年6月~
三洋苑1ビル3階に移動
2018年4月~
松江SUNビル4階 松江東RC、松江しんじ湖RCと同居 現在に至る